2005年11月26日

第8回(11月23日放送)

 はい、この番組始まって以来、初の全収録でお送りいたしました。
 いかがでしたでしょうか?

 今回は他にも「初」がありました。実はスタジオを出て取材形式でお話をうかがっていた模様を流しつつ、収録スタジオでもコメント等を・・・というスタイルでやってみたのでした。

 これからはこんなスタイルもどんどん取り入れていきたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。

 さて、この日の放送では「メルの手づくりさがし」(この番組の前身)にゲストでお越しいただいた 恒枝 直豆さんの窯へおじゃましてきました。

 ディレクター兼録音スタッフとして、ミキサーでおなじみのマコピー。今回のパートナーとして、この番組でもおなじみになりましたナズさんとともに挑戦した今回の取材ですが、結果からいうととても素敵なものになったのではないでしょうか・・・自分でいうのもなんですが(笑)わーい(嬉しい顔)揺れるハート

 取材に訪れた日は年に二回の窯への「」の日。この「火入れ」の直前におじゃまして、「火入れ」を中心にお話をうかがったのでした。

 幅約2m、奥行約10mほどの穴窯にはすでに1,400ほどの作品が棚積みにされ、入り口付近だけがかまくらのように空いている状態でした。

 火入れはその入り口から少しずつ、火を入れ、2日間ほどは乾燥を目的とし、その後本格的に焼いていくとのこと。中間にある横に開けた穴からも火の調節をしながら徐々に奥へと調整をするとのこと。約1週間焼いたあと、ゆっくりと冷ましていき、23日つまりこの放送日に窯出しの予定!

 窯の両サイドにはたくさんの薪がつまれ、これから約1週間の恒枝さんの闘いの始まりを静かに待っているかんじ。ふらふら

 お二人の助っ人の力を借り、睡魔との闘いとなるこの始まりの貴重な時にお話をうかがうことができて、とても素敵な時間を過ごすことができました。お忙しいと思われるこの時間に快く取材を引き受けてくださり、またいろいろなお話をしてくださった恒枝さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。ハートたち(複数ハート)

 他にもこれまでの窯についてのアクシデントがく〜(落胆した顔)のお話や、藁(わら)やラップ素材のものを使って焼き色の調整や、模様付けなどのお話もうかがってきました。

 そんなお話をうかがってきたことをちょっとした反省会も兼ねて、ナズさんと二人で振り返ってみたのです。都合がつかず、窯出しにはうかがえなかったのですが、また別の機会にぜひまたうかがいたいですね・・・ってこととか、知らなかったことがたくさん聞けたり、取材中ずっとそばでお父さんの周りにいたお嬢様とのやりとりなど、素敵なお人柄のことなど、それから、今後こんなスタイルでいろいろやっていきたいですね・・・ってことをお話しました。

 前回ゲストに来ていただいた「富良野演劇工場まつりのエコファッションショー」実行委員長の篠原さんのお話。この本番がちょうどこの放送と同時間だったんです。
 お聴きいただいている皆様にはたいへん失礼ではありますが、エコファッションショーに行ってまいりました。目カメラ
 そのことはまた後日報告させていただきますね。

 ご協力いただきました恒枝さん、ありがとうございました。
 それではまた次回をお楽しみに。わーい(嬉しい顔)

 恒枝直豆さんの「楽葉窯」のHPです。チェックしてみてくださいね。
 http://www.tsuneki-naoto.ftw.jp/
posted by メル at 11:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 番組報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

第7回(11月16日放送)

 この日のゲストは富良野市在住の篠原綾子さん。
 今回で5回目となる「富良野演劇工場まつり」で行なわれる「エコファッションショー」の実行委員長として、お越しいただきました。パートナーでおなじみのガズーも実行委員ということでお二人からお話をうかがうといったスタイルになりました。

 わーい(嬉しい顔)るんるんとにかく楽しかったですよ。篠原さんのお人柄とさりげなく出てくる言葉、もちろんファッションショーの楽しさ、魅力なども含めて、楽しいお話を聞かせてくださいました。

 「演劇工場まつり」が始まった時から、篠原さんがやってみたかったという「ファッションショー」が実現することとなり、今回で5回目を迎えることに。初回はとてもさみしかったこと、それでも年々、着実に参加者が増えてきて、今回が一番多い116着グッド(上向き矢印)の作品を観ることができる予定であることなど。

 最初から手がけているお二人のお話は苦労もあったけど、着実に成長を続けているという結果に喜び、そしてさらに成長を・・・という前向きな姿勢がうかがえました。

 今回も今までと違った舞台演出や、工夫が見られるとのこと。毎回観に行っている方も初めてみる方にも楽しんでいただけるようなという思いが伝わってきました。

 行きたい!行きたい!と思い、何回も見送ってしまった私は、今年こそは絶対観に行くぞ!という気持ちでいたのですが、その気持ちをさらに押し上げるようなお話を聞けましたね。

 ミキサーやディレクターとしてスタジオに入っていたマコピーやナズさんも声を出さないのが苦しそうなくらい、楽しそうに笑ってましたよ。ほんとに楽しかったんです。

 実行委員のお二人ももちろん作品を作り出展予定。そしてなんとガズーは富良野では初めてモデルにもなって出演予定なのです。

 一眼レフのカメラをもって、ガズーのモデル姿をバッチリ撮ってくる予定ですハートたち(複数ハート)
 とにかく、楽しみ!

 23日(水・祝)14:15分 開演!! 

 ふらふら実はこの番組の放送時間にかかってるんですもうやだ〜(悲しい顔)観てもらいたいし、聴いてもらいたいし、この日は厳しい立場ですね。
 この日の放送は収録なんですけど、いつもとちょっと違う出張っていう内容になっていて、楽しい仕上がりになっているはずなので、聴ける方にはぜひ聴いていただきたいと思いますね。
posted by メル at 16:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 番組報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

第6回(11月9日放送)

 この日のゲストはわーい(嬉しい顔)“ほほえみクリエーター”の雪ん子さん(美瑛町在住)。

 ご存知の方も多いと思います。富良野では「ふらのクリエーターズマーケット」でお馴染みですね。その他、北の峰のアルパインビジターセンター(http://www.alpn.co.jp/)、富良野共済農場(ジャム園)(http://furanojam.com/home.html)、ポストカードギャラリー絵葉描館(美瑛)(http://www.biei.com/ehagakikan/)でも作品を観ることができます。それぞれ冬季に入りお休みがあると思いますので、各ホームページで確認されることをおすすめいたします。
なお、絵葉描館ではポストカードの通信販売も行なっているそうですよ。

 私が初めて雪ん子さんにお会いしたのも「クリエーターズマーケット」でした。ひと目で雪ん子ワールドのファンになってしまったのでした。

 それ以外ではなかなかお会いする機会がなかったのですが、今回こんなうれしい時間を過ごせることになり、当日が楽しみでした。

 お会いした雪ん子さんご本人は自然体でとても素敵な方でした。“ほほえみクリエーター”という肩書きがぴったりのお人柄とものづくりへの思いに納得!!

 もともと特別な勉強をしたわけではなく、バイクの旅で来ていた富良野に魅かれ、住むことになり、この富良野という土地柄、人柄などからものづくりへの思いが生まれ、「自分にできることを・・・」ということから自然をモチーフにしたイラストを描いたり、自ら生み出したキャラクター「豆つぶ」とともにふらの小さな自然を写真におさめたポストカードやカレンダーなどを製作。そのほか、そこにいるだけで微笑んでしまいたくなるようなオリジナルキャラクターの小物などをつくっている。

 かわいいこの度、そんな雪ん子さんが新たなジャンルに!

 るんるん自作の詩の朗読と友人のピアニストとのコラボレーション企画。
 インスピレーションで曲を弾くというピアニストとともに詩を披露するイベントが来年1月末に美瑛町で予定されているそうです。

 そんなうれしいニュースとともに、なんと放送中にピアノの曲は生ではありませんが、雪ん子さんが詩の朗読を披露してくださいました。素敵な詩でしたよ。
 
 お話していたら、ほんとに個人的にもいろいろ聞いてみたくなったのですが、時間がたりなくなってしまいました。またぜひいろんなお話を聞いてみたいと思います。

 そんな彼女の日記(ブログ)がありますよ。
 「ユキンコロンコロン日記」 http://blogs.yahoo.co.jp/yukinkoronkoron
 彼女の世界をのぞくことができます揺れるハート
次項有私のお気に入りリンクにも追加しました。

 いつも思いますが、ほんとに出逢えてよかった!って思える私はしあわせものです。まわりのみなさまのおかげですね。ありがとうございますハートたち(複数ハート)
posted by メル at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 番組報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

第5回(11月2日放送)

 この日のゲストは1日から「あーとぎゃらりー クリエイト スクエア」(市内若松町本通沿い)(http://www.furano.ne.jp/furano-machi/)にて個展開催中の「しろくま陶遊舎」の水林直己さん、瑞絵さんご夫妻

 素敵なご夫婦でしたよ。本番が近づくにつれて、だんだん緊張が大きくなっていくのが明らかなご主人(直己さん)。お二人とも緊張はされていましたが、とっても楽しいトークを聴かせてくれました。

 お二人は札幌在住。現在、店舗は構えず、工房のみで、各地で行なわれるイベントなどへの参加されることが主な活動。HPもありますので、チェックしてくださいね。

 しろくま陶遊舎 www.shirokuma-toyou.com

 そんなお二人の富良野との「縁」は同ぎゃらりーで行なわれた企画展「ねこの広場」と「そらの広場」に参加されたのがきっかけ。

 今回のように約ひと月の長期の個展は初めてというお二人。主に成形から絵付けまでされるご主人(直己さん)の作品と、絵付けがメインという奥様(瑞絵さん)の作品、それぞれに個性があり、また実用性もあるものが揃っています。

 今回の個展のテーマは「PARTY☆PARTY」・・・お鍋やクリスマス、忘年会などなど、パーティーが増えるこの季節にぴったりの器や小物たちを揃えたそうです。

 放送では作品について、どこまでリスナーの方たちに伝わったでしょうか!?とにかく実物を見に行ってみてください!

 作家お二人の素敵な人柄と楽しいおしゃべりで、時間はあっという間に過ぎ、めずらしく時間が足りなくなってしまって、最後のご挨拶ができませんでした。
 お聴きいただいていた皆様、たいへん失礼いたしましたふらふら

 なお、「しろくま陶遊舎」のお二人からプレゼントが・・・番組を聴いてくださった方だけにオリジナルクリスマスカードを「クリエイト スクエア」にてプレゼント中!
 ただし合言葉が必要・・・「出逢えてよかった」とお店の方に一言!!

 ラジオを聴いてくれた方とブログに遊びに来てくれた方だけに特別情報でした。

 それから個展開催期間は1日〜28日まで(期間中のお休みは6・23日だそうです)
 それではまた来週わーい(嬉しい顔)

 conv0045.JPG個展に出展中の作品をちょっとご紹介します

posted by メル at 10:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 番組報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。